福祉医療

  

●● 医療費の自己負担分を助成します ●●●


 福祉医療制度に該当する方には、申請により「福祉医療費受給者証」を交付します。
 

 診療を受ける際、健康保険証と一緒に医療機関の窓口に提示すると、保険診療の自己負担分が助成されます。ただし、乳幼児・小学生に該当している方は、一部支払っていただくことがあります。
 



 

●● 受給資格者について ●●●

 
 八郎潟町に住所を有する次の方が対象となります。

対象区分

年齢・要件

所得制限

乳幼児・小学生・中学生

(中学校卒業まで)

 中学校修了年度の3月31日までのあいだにある児童

 あり
 (父、母)

ひとり親家庭の児童

 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童
 ・母子家庭、父子家庭
 ・父母のいない児童
 ・父または母が1〜2級程度の身体障害者手帳を持つ家庭の児童

 あり
 (父、母、扶養義務者)

高齢身体障害者

 65歳以上の方で、身体障害者手帳4〜6級所持者
 (被用者保険本人を除く)

 あり
 (本人、配偶者、扶養義務者)

重度心身障害(児)者

 身体障害者手帳1〜3級または療育手帳A所持者

 被用者保険本人のみあり
 (本人、配偶者、扶養義務者)


 
福祉医療制度は、受給資格があっても申請しなければ適用となりません。対象となる方は申請してください。
    申請に必要なもの◆
      ○健康保険証
      ○印鑑
      ○身体障害者手帳または療育手帳
        (高齢身体障害者、重度心身障害(児)者の場合)

      ※転入したかたは、転入前の市町村の所得課税証明書が必要となる場合があります。



●● 八郎潟町単独の福祉医療 ●●●

 
 乳幼児・小学生・中学生で、所得制限により受給者対象から外れた場合でも、申請により町単独の受給者証が交付され、同様の医療費助成を受けることが出来ます。



●● 乳幼児の助成内容について ●●●


1歳から中学校
卒業までの児童

 父母の町民税所得割
 課税 世帯の児童

 自己負担なし、全額助成

 父母の町民税所得割
 非課税 世帯の児童

 自己負担なし、全額助成

0歳児

 

 自己負担なし、全額助成




●● 県外の病院を受診したとき ●●●

 
 福祉医療費受給者証は秋田県内でしか使えません。県外の医療機関で受診した場合は、いったん自己負担分の医療費を支払い、後日、役場に申請することにより払い戻しされます。

 ◆払い戻しの申請に必要なもの◆ 
   ○医療機関の領収書
   ○受給者証
   ○印鑑
   ○振込口座の口座番号(通帳)



●● 各種届出について ●●●

 
 次のような変更があった場合には、役場へ届出が必要です。

こんなとき

届出に必要なもの

 健康保険証が変わったとき

 新しい保険証、受給者証、印鑑

 住所変更(町内での転居)、氏名変更があったとき

 受給者証、印鑑

 転出、死亡のとき

 受給者証、印鑑

 ひとり親家庭でなくなったとき

 受給者証、印鑑

 身体障害者手帳、療育手帳の等級が変わったとき

 受給者証、印鑑

 受給者証を破損、紛失したとき

 受給者証(破損)、印鑑

 有効期限が過ぎたとき

 受給者証、印鑑

 


●● 受給者証の更新 ●●●


 福祉医療の基準日は8月1日です。受給者証をお持ちの方には、7月に更新のお知らせをしますので、忘れずに手続きされますようお願いします。

 ※受給対象の区分により有効期間が1年、2年、無期限(更新無)のものがあります。

ページトップへ

 

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

このページに関するお問合せ
保健課
電話:018-875-5813
FAX:018-875-3096

ページトップへ