療養費の支給

   次のような場合は、いったん全額自己負担になりますが、申請して認められれば、
あとから給付が受けられます。

 

申請に必要なもの

不慮の事故や急病などで、やむを得ず保険証を持たずに治療を受けたとき

診療内容の明細書

領収書

朱肉を使用する印鑑

世帯主の預金通帳

骨折、ねんざなどのときの
柔道整復師の
施術料
(国保を扱っていない柔道整復師の場合。医師の同意が必要。)

医師の同意書

領収書

朱肉を使用する印鑑

世帯主の預金通帳

医師が認めたあんま、はり、
 灸、マッサー
ジ代

医師の同意書

領収書

朱肉を使用する印鑑

世帯主の預金通帳

輸血のための生血代を
負担した場合

医師の診断書

領収書

生血液受領証明書

保険証

朱肉を使用する印鑑

世帯主の預金通帳

ギプス、コルセットなどの
治療装具代

(医師が必要と認めたとき)

医師の診断書

領収書

保険証

朱肉を使用する印鑑

世帯主の預金通帳

海外で医療を受けた場合

診療内容の明細書

明細な領収書

外国語で書かれている場合は日本語の翻訳文(翻訳者の住所、氏名も記載)

保険証

朱肉を使用する印鑑

世帯主の預金通帳


※上記のほかに、「世帯主」と「手続きの対象となる方」の個人番号がわかるもの、窓口に来た方の本人確認ができるものが必要です。

ページトップへ

 

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

このページに関するお問合せ
保健課
電話:018-875-5813
FAX:018-875-3096

ページトップへ