検針表は大切に保管を
検針表は証拠書類
検針は2ヵ月に一回実施しておりますが、「検針表」は町が上下水道料金を確定するための大切な証拠書類となります。少なくても、料金の支払が済むまでは大切に保管しておいてください。

【検針表に記載されている主な内容】
 1.今回検針値  2.前回検針値  3.前回検針からの使用水量  4.前年同期の使用水量  
 5.今回請求額  6.次回請求額  7.口座振替している場合の前回及び前々回の口座振替済み領収書

【漏水認定水量の減免額の証拠書類にもなります】

 上下水道料金は、検針表に記載された使用水量により決定されますが、ご家庭で漏水があった場合は、修理をすれば漏水認定水量分が減免されます。どの位の水量を減免したかについては町は連絡致しませんので、次の方法によりご確認ください。
(ア)漏水修理後の確定料金にかかる水量
(イ)検針表の今回請求額または次回請求額欄に記載の使用水量
 上記の(ア)と(イ)の水量の差が、町が漏水として認定した水量です。

ページトップへ

 

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

このページに関するお問合せ
建設課
電話:018-875-5811
FAX:018-875-5950

ページトップへ