八郎潟町 一日市盆踊り
一日市盆踊り(秋田県無形民俗文化財)
一日市盆踊り
秋田県三大盆踊りの一つとされる一日市盆踊りは、浦城三浦氏の時代(永享1429〜永禄1570)から踊られていたとされ、寛文2年(1662)、八郎潟町に「宿場」と「御伝馬所」が開設された頃から現在の形になったと伝えられています。昔は様々な踊りがありましたが、永い年月のあいだに「見る踊り」ではなくなり、いわゆる「踊る踊り」として大衆化して、現在はテンポの早い〈でんでんづく踊り〉〈きたさか踊り〉、優雅な〈三勝踊り〉の3つが伝承されています。
浴衣姿から色とりどりの仮装をした踊り子が、大太鼓や笛の音に合わせて歌いながら踊る姿は、夏の風物詩となっています。
毎年8月18日から20日までの3日間、一日市商店街で賑やかに開催されます。

ページトップへ

 

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

関連ファイルのダウンロード
このページに関するお問合せ
産業課
電話:018-875-5803
FAX:018-875-5950
メールでのお問合せ

ページトップへ