南面岡公園
南面岡公園
南面岡碑は、明治14年、明治天皇が東北ご巡幸の際に当地を訪れたのを記念して建立され、明治34年の奥羽本線敷設に伴い現在地に移建、旧三倉鼻公園の一部を南面岡公園と称しました。
文化6年(一八〇八)、工藤学内がこの急坂に望湖亭という名の茶亭を設けて、多くの文人を招いては湖の美しい眺めを堪能させていました。また、弘化3年(一八四六)にこの地を訪れた頼三樹三郎は、「望湖亭」と題して作詞をしています。
南面岡公園@南面岡公園A南面岡公園B

ページトップへ

 

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

このページに関するお問合せ
総務課
電話:018-875-5801
FAX:018-875-3096
メールでのお問合せ

ページトップへ