初冬のきんせんか
2012.12.3 撮影
初冬のきんせんか
 天気予報は毎日のように雪だるまのマークですが、時折穴があいたように穏やかな日もあります。庭先を見ても常緑樹の緑と枯れ葉や土の茶色がほとんどの中にあって、ひときわ目をひいたのが「きんせんか」でした。今の時期?と思い調べてみたら俳句の季語は春で、宿根草タイプは冬を越すので別名「冬知らず」の名前があるそうです。柔らかな初冬の日差しをあびて気持ちよさそうです。

ページトップへ

 

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

このページに関するお問合せ
総務課
電話:018-875-5801
FAX:018-875-3096
メールでのお問合せ

ページトップへ