子供が生まれたとき

出産育児一時金
  八郎潟町の国保へ加入している方が出産したときに支給されます。妊娠4か月以上(85日以上)であれば、死産・流産でも支給されます。
(他の医療保険から出産育児一時金が支給される人は、国保から支給されません。)
支給金額
 
産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産した場合   42万円 

直接支払制度について

 出産育児一時金の直接支払制度が始まっています。高額な出産費用を用意する必要がなく、出産育児一時金の支給金額を限度に町(国民健康保険)から医療機関等へ直接支払われます。

出産育児一時金の申請手続き

直接支払制度を利用する場合
1.医療機関等に「被保険者証」又は「半年以内に被用者保険を喪失した方に交付される証明書」を提示します。
 半年以内に被用者保険(社会保険等)の資格を喪失した方は、被用者保険から出産育児一時金の支給を受けることができます。
2.直接支払制度を医療する合意書(2通)に記入し医療機関等に1部を提出します。
 合意書は、医療機関等で用意しています。

申請に必要なもの

母子健康手帳  保険証  朱肉を使用する印鑑  振込先のわかるもの
直接支払制度を利用しない合意書の写し(直接支払制度を利用しない場合)
直接支払制度を利用する合意書の写し(差額を申請する場合)
出産費用の領収書
世帯主の個人番号がわかるもの
医師の証明書(死産・流産の場合のみ)

  ※ 申請の際は役場1階 保健課3番窓口にお越しください。