スプレー缶などのガス抜きの徹底をお願いします

    必ず使い切ってください。

  • 必ず穴をあけて!
スプレー缶やカセットボンベなどは、中身が入ったままではごみとして出すことはできません。処理施設での爆発やごみ収集車の車両火災などの危険性がありますので、ガス抜きの徹底をお願いします。
●スプレー缶・カセットボンベは、使い切ってから穴をあけて「不燃ごみ」に出してください。
●ライターは、使い切るかガスを抜いてから「不燃ごみ」に出してください。