○八郎潟町公用自動車運行管理規則

昭和五十八年七月一日

規則第一号

(目的)

第一条 この規則は、法令その他別に定めるもののほか、公用自動車の使用並びに運行管理に関する必要な事項を定め、かつ公用自動車の適切な管理と円滑な運用を図ることを目的とする。

(用語の意義)

第二条 この規則において「公用自動車(以下「自動車」という。)」とは、町が所有又は借上する道路運送車両法(昭和二六年法律第一八五号。以下「法」という。)第二条第二項に規定する自動車で町が運行の用に供するものをいう。

(自動車の配置)

第三条 自動車の配置は別表の通りとする。

(自動車の管理)

第四条 自動車の管理者は町長とする。

2 管理者は、常に自動車の良好な維持管理と効果的な運営を図るため、自動車が配置されている各課に自動車の運行管理者を置く。

3 運行管理者は、自動車の配置されている所属の課長とする。

4 運行管理者は、管理者の命を受け常に自動車の運行状況を把握し、適正かつ効率な運行を図るとともに、第五条第三項に規定する安全運転管理者の行う必要な処置の実施について協力し、自動車を運転する者(以下「運転者」という。)を指揮監督し、事故防止のために次の事項を確認しなければならない。

 自動車の運行状況の確認

 運転者の健康状態の確認

 自動車使用簿の整理(伺簿)

 始業点検及び整備についての確認

(安全運転管理者)

第五条 道路交通法(昭和三五年法律第一〇五号。以下「道交法」という。)第七四条の二第一項の規定に基づき、自動車の安全な運転に必要な業務(自動車の装置の整備に関する業務を除く。)を行わせるため、安全運転管理者を置く。

2 安全運転管理者は町長が定める者とする。

3 安全運転管理者は、町長の命を受け道路交通法施行規則(昭和三五年総理府令第六〇号。以下「道交法施行規則」という。)第九条の八の規定を遵守し事態の発生を防止するために必要な措置をとるとともに、自動車の安全運転に関し、次の必要な事務を処理しなければならない。

 法令の規定による運転の免許を受けている者以外の者が、自動車を運転すること。

 運転者が酒気を帯びて自動車を運転すること。

 運転者が過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で運転すること。

 運転者が、道交法第五七条第一項の規定に違反して乗車させ、又は、積載して運転をすること。

 自動車の運行計画の管理及び指示

 車両の購入、廃車、保険の加入手続等

 車両事故の処理

 自動車の鍵の保管(運行中を除く。)

(自動車の使用)

第六条 自動車は、配置所属の運行管理者の許可を得て使用すること。

2 自動車は、それぞれの業務目的のために専ら使用し、一般の使用は認めない。ただし、公務上特に必要がある場合は、業務外に使用することが出来る。

(使用手続等)

第七条 前条第一項の規定により自動車を使用しようとする者は、公用車使用伺簿(様式第一号)に使用する前に所要事項を記入し、運行管理者の許可を受けなければならない。ただし、緊急の場合は、この限りでない。

(自動車の運行)

第八条 自動車の運行は、運行管理者の運行許可又は運行命令により運行しなければならない。

2 前項の運行許可又は、運行命令により運行するときは、運行に供する自動車名・用務・用務地・運行の年月日及び時間等を明示しなければならない。

(運転者の業務)

第九条 運転者は、運行管理者の指示・命令及び交通関係法令を遵守し、交通事故の防止に最善を尽くさなければならない。

2 運転者は、あらかじめ運行管理者の承認を受けなければ、所定の経路を変更してはならない。ただし、運行制限、その他止むを得ない事由が生じた場合は、その旨を自動車使用簿に記載して運行管理者に報告しなければならない。

3 運転者は、自動車を運転するときは、その都度運転開始前に当該自動車の点検を行い、その結果を運行管理者に報告しなければならない。

4 運転者は、自動車の運行が終了したときは、洗車・清掃及び点検を行い所定の場所に格納するとともに、当該自動車の鍵を安全運転管理者に引き継がなければならない。運転中は運転者が、地方自治法第二四三条の二に規定する「物品を使用している職員」に該当し、当該自動車の保管責任を有するものである。

(交通事故の場合の処置)

第十条 運転者は、自動車の運行により道交法第七二条第一項に規定する交通事故が発生したときは、同項に規定する処置を講ずるとともに直ちに、運行管理者を経て安全運転管理者に報告しなければならない。

2 運行管理者は、前項の報告を受けたときは直ちにその事実を調査し、交通事故報告書(様式第二号)により町長に報告しなければならない。

附 則

1 この規則は、昭和五十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和五九年九月二二日規則第九号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六〇年三月二〇日規則第四号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六〇年五月三一日規則第八号)

この規則は、昭和六十年六月一日から施行する。

附 則(平成五年五月二〇日規則第一三号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成八年七月二二日規則第八号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一一年六月二四日規則第七号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一八年六月一九日規則第五号)

この規則は、公布の日から施行し、平成十八年四月一日から適用する。

附 則(平成一九年三月一九日規則第六号)

この規則は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成二〇年三月一八日規則第二号)

この規則は、公布の日から施行し、平成二十年四月一日から適用する。

附 則(平成二三年六月一五日規則第六号)

この規則は、公布の日から施行し、平成二十三年四月一日から適用する。

附 則(平成二三年一二月一日規則第九号)

この規則は、公布の日から施行し、平成二十三年十二月一日から適用する。

附 則(平成二四年九月二五日規則第一三号)

この規則は、公布の日から施行し、平成二十四年八月一日から適用する。

附 則(平成二六年三月二〇日規則第二号)

この規則は、平成二十六年四月一日から施行する。

別表

番号

登録番号

車名

配置課

1

秋田330た860

トヨタプリウス

総務課

2

秋田400せ9208

トヨタプロボックス

総務課

3

秋田330せ860

トヨタアルファード

総務課

4

秋田41う6440

スズキキャリー

総務課

5

秋田500ね3924

ニッサンブルーバード

総務課

6

秋田00ま4207

除雪ドーザ コマツメック

総務課

7

秋田59も1859

トヨタアルデオ

税務課

8

秋田40ら3221

スバルサンバーダンプ

町民課

9

秋田59の6354

ニッサンブルーバード

町民課

10

秋田501つ5698

スズキスイフト

町民課

11

秋田483い860

ホンダアクティ

町民課

12

秋田00ま4395

除雪ドーザ TCM

町民課

13

秋田530と860

トヨタボクシー

福祉課

14

秋田530な860

トヨタビッツ

保健課

15

秋田480う7171

ダイハツハイゼット

保健課

16

秋田583あ860

ダイハツミライース

保健課

17

秋田22ゆ278

ミツビシフソウエアロミディ

保健課福祉バス

18

秋田530ね860

トヨタラッシュ

産業課

19

秋田501せ6133

トヨタフィルダー

建設課

20

秋田00ま5246

除雪ドーザ TCM

建設課

21

秋ま00―1605

除雪ドーザ コマツインターナショナル

建設課

22

秋田900る665

小型除雪車 ニッセキ

建設課

23

秋田99ま4164

ロータリー除雪車 ニッセキ

建設課

24

秋田000る2485

除雪ドーザ コマツ

建設課

25

秋田900る959

除雪ドーザ ユニキャリア

建設課

26

秋田900る967

除雪ドーザ ユニキャリア

建設課

27

秋田483う860

ホンダアクティ

水道課

28

秋田480え2160

ダイハツハイゼット

水道課

29

秋田330ち860

トヨタプリウス

教育課

30

秋田483あ860

ホンダアクティ

教育課

31

秋田200は59

ミツビシローザ

教育課幼稚園バス

画像

画像

八郎潟町公用自動車運行管理規則

昭和58年7月1日 規則第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
昭和58年7月1日 規則第1号
昭和59年9月22日 規則第9号
昭和60年3月20日 規則第4号
昭和60年5月31日 規則第8号
平成5年5月20日 規則第13号
平成8年7月22日 規則第8号
平成11年6月24日 規則第7号
平成18年6月19日 規則第5号
平成19年3月19日 規則第6号
平成20年3月18日 規則第2号
平成23年6月15日 規則第6号
平成23年12月1日 規則第9号
平成24年9月25日 規則第13号
平成26年3月20日 規則第2号