○八郎潟町情報公開に関する規則

平成十年十二月二十二日

規則第九号

(趣旨)

第一条 この規則は、八郎潟町情報公開条例(平成十年条例第二十号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(公文書公開請求書)

第二条 条例第七条の規定による請求書の提出は、公文書公開請求書(様式第一号)によるものとする。

(公文書公開決定通知書等)

第三条 条例第八条第二項の規定による通知は、決定期間延長通知書(様式第二号)によるものとする。

2 条例第八条第三項の規定による通知は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める通知書によるものとする。

 公文書の公開をする旨の決定をした場合 公文書公開決定通知書(様式第三号)

 条例第六条第二項の規定に基づき、公文書の公開をする旨の決定をした場合 公文書部分公開決定通知書(様式第四号)

 公文書の公開をしない旨の決定をした場合 公文書非公開決定通知書(様式第五号)

(公文書の閲覧)

第四条 条例第九条第二項の規定による公文書の閲覧、写しの交付(文書に限る。)又は視聴は、町長が指定する日時及び場所において行うものとする。

2 公文書の閲覧、又は視聴をするものは、当該公文書を丁寧に取り扱い、改ざん、汚損又は破損してはならない。

3 町長は、前項の規定に違反し、又は違反するおそれのあるものに対し公文書の閲覧、又は視聴を中止させ、又は禁止することができる。

(不服申立ての手続等)

第五条 条例第十一条の規定による不服申立ては、公文書公開異議申立書(様式第六号)によるものとする。又、八郎潟町情報公開審査会への諮問は、公文書公開審査諮問書(様式第七号)によるものとする。

2 町長は、条例第十一条の規定による決定をしたときは、遅滞なく公文書公開異議申立決定通知書(様式第八号)により当該不服申立者に通知するものとする。

(公文書公開の実施)

第六条 公文書の公開を行う場合において、公文書の写しを交付するときの交付部数は、請求があつた公文書一件につき一部とする。

(費用の納付)

第七条 条例第十条に規定する費用は、公文書の閲覧又は写しの交付を受けるときに納めるものとする。

(公文書の文書目録)

第八条 条例第十五条に規定する公文書の検索に必要な文書目録は、課長等が作成し総務課長に送付するものとする。

(調整)

第九条 公文書の公開を実施するための必要な調整は、総務課長が行う。

(補則)

第十条 この規則に定めるもののほか、公文書の公開に係る事務取り扱いに関し必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成十一年四月一日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

八郎潟町情報公開に関する規則

平成10年12月22日 規則第9号

(平成10年12月22日施行)