○八郎潟町立幼稚園授業料徴収条例

昭和三十三年四月一日

条例第四号

第一条 幼稚園の授業料は月額四、五〇〇円とする。

第二条 授業料は毎月末日までにその月分を町へ納付しなければならない。

第三条 前条の期間前に退園するものは、退園時その月分全額の授業料を納付しなければならない。ただし、途中入園するものについてもその月分の授業料は全額納付するものとする。

第四条 休暇又は不時の事故により休園全月にわたるときはその月分の授業料は徴収しないことができる。

第五条 町長は左に該当あるものあるときは、保護者にその理由を添え園児を退園させることができる。

 授業料を二ケ月以上滞納したるとき。

第六条 授業料は、次に該当する世帯に対して、次のとおり減免することができる。

 当該年度に納付すべき町民税の所得割が非課税となる世帯及び生活保護法の規定による保護を受けている世帯、年額二〇、〇〇〇円を限度とする。

2 すこやか子育て支援事業による授業料等の減免について、町長が必要と認める場合は、授業料等の全部又は一部を減免することができる。

第七条 すこやか子育て支援事業については、「八郎潟町すこやか子育て支援事業実施要綱」によるものとする。

附 則

この条例は、昭和三十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和四一年三月一日条例第一〇号)

この条例は、昭和四十一年四月一日から適用する。

附 則(昭和四二年三月二五日条例第五号)

この条例は、昭和四十二年四月一日から適用する。

附 則(昭和四八年四月一日条例第四号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和四十七年四月一日から適用する。

附 則(昭和四八年四月一日条例第二〇号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和四十八年四月一日から適用する。

附 則(昭和五三年三月二五日条例第一一号)

この条例は、昭和五十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和五六年三月二〇日条例第四号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和五十六年四月一日から適用する。

附 則(昭和五八年三月二二日条例第二三号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和五十八年十月一日から適用する。

附 則(昭和六二年九月二八日条例第一六号)

この条例は、昭和六十二年四月一日から適用する。

附 則(昭和六三年九月二六日条例第一二号)

この条例は、昭和六十三年四月一日から施行する。

附 則(平成三年九月一九日条例第九号)

この条例は、公布の日から施行し、平成三年七月一日から適用する。

附 則(平成一〇年一二月二二日条例第二一号)

この条例は、平成十一年四月一日から施行する。

附 則(平成一七年九月二〇日条例第二七号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の八郎潟町立幼稚園授業料徴収条例中の規定は、平成十七年八月一日から適用する。

八郎潟町立幼稚園授業料徴収条例

昭和33年4月1日 条例第4号

(平成17年9月20日施行)

体系情報
第7類 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和33年4月1日 条例第4号
昭和41年3月1日 条例第10号
昭和42年3月25日 条例第5号
昭和48年4月1日 条例第4号
昭和48年4月1日 条例第20号
昭和53年3月25日 条例第11号
昭和56年3月20日 条例第4号
昭和58年3月22日 条例第23号
昭和62年9月28日 条例第16号
昭和63年9月26日 条例第12号
平成3年9月19日 条例第9号
平成10年12月22日 条例第21号
平成17年9月20日 条例第27号