○八郎潟町出納室設置規則

平成二十一年三月二十七日

規則第一号

(出納室の設置)

第一条 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百七十一条第五項の規定に基づき、会計管理者の権限に属する事務を処理するため出納室を置く。

2 出納室所属の職員には、会計管理者の権限に属する事務を処理させるほか、必要により町長の権限に属する事務の一部を委任し、又は、補助執行させる。

(出納室の係)

第二条 出納室に会計係を置く。

(分掌事務)

第三条 第二条の係の分掌事務は、次のとおりとする。

 現金(現金に代えて納付される証券及び基金に属する現金を含む)の出納及び保管に関すること。

 小切手の振り出しに関すること。

 有価証券(公有財産又は基金に属するものを含む)の出納及び保管に関すること。

 物品(基金に属する動産を含む)の出納及び保管(使用中の物品に係る保管を除く)に関すること。

 現金及び財産の記録管理に関すること。

 支出負担行為の確認に関すること。

 決算の調整に関すること。

 指定金融機関の検査及び公金の出納事務に関すること。

 出納室所属の公印の保管に関すること。

 出納室の予算、決算及び経理に関すること。

十一 その他出納事務に関すること。

附 則

この規則は、平成二十一年四月一日から施行する。

八郎潟町出納室設置規則

平成21年3月27日 規則第1号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
平成21年3月27日 規則第1号