八郎潟町議会議員政治倫理条例

〈八郎潟町議会議員政治倫理条例が制定されました〉


 令和元年9月議会定例会最終日の9月13日、昭和63年9月14日に発足した「議会議員政治倫理条例調査特別委員会」が、条例制定議案を本会議に提出し、賛成多数で可決されました。今年10月1日から施行されます。
 政治倫理に関する規律の基本となる事項を定めることにより、議員の政治倫理の確立を図り、町民に信頼される公正な町政の発展に寄与することを目的としております。
 条例前文では、「議会は、町民が直接選んだ長及び議員が審議する場であり、最高の意思決定機関である。議会の構成員である議員は、町民を代表する機関の一員として、高い倫理観と良識を持ち、議会の権威と品位を重んじるとともに、その秩序を保持し、町民からの信頼を得なければならない。」としたうえで、「議員と町民相互の信頼関係を築き深める基盤として、この条例を制定する。」としております。
 各条文では、「政治倫理基準の遵守、施行日以後に締結される町との請負契約等に対する遵守事項、就業の報告義務、議員又は町民による議長への審査請求、政治倫理審査会の設置・審査、弁明書、議長の措置」などについて規定しております。