願人踊の開催について

秋田県指定無形民俗文化財
八郎潟町に伝わったのは約300年前といわれる歴史のある伝統芸能です。女物の長襦袢を着た男たちが一直踊りという独特な踊りを舞います。歌舞のスタイルの部分は伊勢音頭を基調としております。途中、歌舞伎仮名手本忠臣蔵5段目の寸劇がはいります。
 
5月5日、八郎潟町一日市地区の家々を願人踊が門付けして歩きます。
観光客の皆さんにご覧頂くためにJR八郎潟駅前での公演を行っております。当日は子供願人踊、秋田音頭の公演も行われ町中が踊りのステージとなります。主となる願人踊の見どころは以下の通りです。
門付けの際、踊り手達にお酒がふるまわれることが多く、午後になるにつれ時間どおりに進行しない場合がございます。

【一日市神社への奉納】
 ◆時間 9:00~
 ◆場所 一日市神社

【八郎潟駅前公演】
 ◆時間 10:25頃
 ◆場所 JR八郎潟駅壁画前ステージ
  ※八郎潟駅前で交通規制(午前9:30~午前11:00)があります。

【八郎潟町役場公演】
 ◆時間 11:40頃
 ◆場所 八郎潟町役場前駐車場
   
 下記の巡演MAPをご覧ください。(一番下にPDFのダウンロードがあります。)
 公演後、踊り手や演者たちと一緒に記念写真がとれます。
 子ども願人や秋田音頭も行われますので、お見逃しなく。

~車をご利用のお客様にお知らせ~
 指定駐車場は3ヶ所ございますが、八郎潟駅前の駐車場はすぐに満車になると思われますので、
 その場合は、JAあきた湖東、大道駐車場のご利用をお願いします。(誘導員がいます)
 
 9:00からの一日市神社での奉納を観覧られるお客様は、下記MAP中の防災センターの
 駐車場をご利用いただければ徒歩3分程度です。

 八郎潟町役場の正面駐車場は公演のため駐車できません。車椅子等の介護車両のみご案内できますので、お近くの係員にお声をおかけ下さい。

 今年の願人踊のMAPです。下部よりPDFでダウンロードもできます。